婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

ワインが好きな人と知り合えた!

      2017/02/22

30代後半のときに婚活パーティー参加しましたが、本気で結婚したかったからです。当時はワインが好きだったりと趣味も多かったですが、彼氏など付き合っている人はいなかったわけです。

結婚願望も出てきたりと真剣に結婚したくなりましたが、婚活パーティーに行ってみると同じ年代で独身の男性がいたので嬉しかったです。初対面の相手と話すのは恥ずかしかったですが、なかなか自分から話しかけられなかったりと最初のうちは婚活も先が見えなかったです。

kk51

しばらく婚活パーティーに参加しているとワインが好きな男性と偶然知り合うことができましたが、話もあったのは素晴らしかったです。連絡先も手に入れてから彼とワインのイベントに行けたりと交際するまであっという間でしたが、共通の話題を持っているほかにも年齢が近かったのはちょうど良かったです。

料理教室では料理の腕を見るわけではない

お互いに結婚歴もなかったですが、若いときは仕事や趣味に夢中だったりと境遇が似ていたのも大きかったです。結婚を決意するのも迷わなかったですが、婚約するのも交際してから数ヶ月ほど経過した時期だったのは覚えています。

彼と自分の実家の親に挨拶に行ってみると結婚もスムーズに受け入れてもらえましたが、歓迎してくれている雰囲気があったのは悪くなかったです。婚活パーティーで出会いがなかった頃は諦めかけたりもしましたが、趣味が同じで年齢も同世代の男性との出会いが待っていたのはすごかったです。

BBQの出会いに友人と行ってきました

ワインは知識もそれなりに持っていましたが、彼の方が資格をもっていたりとマニアックだったのも相手に夢中になったきっかけです。

本格的にワインの勉強を彼と一緒にできましたが、恋人同士になってから絆も深まってきてくれたのも実感しやすかったです。会話も気がつくと趣味がメインだったのがプライベートな話もできる親しい関係になってきていましたが、しっかりしている面もあったりと結婚相手としては頼もしかったです。

価値観も違いはありましたが、年齢差もないので対等な接し方で付き合えたのは気楽でした。具体的な結婚の話も彼が切り出してくれたのですが、サプライズもある素敵なプロポーズもしてくれたりとその誠実さは伝わってきました。

会費が男女同額ではない理由

結婚式の日程の打ち合わせも安心して任せやすかったりと心から信頼できる相手で結婚相手に選んだのはまったく間違っていなかったです。結婚してからも2人とも共働きで家事も分担を決めたりと充実した結婚生活を送れています。

 - 種類