婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

アラサーもアラフォーも大歓迎??

      2017/02/22

最近ではテレビなどでもそのような番組は増えていて、自分も参加したいと思う方々も少なくはないはず。
かくいう私もその内の一人でした。

男性の服装の決め方

私は男で現在の年齢は41歳なのですが、昨年40歳の時にやっと結婚することができ、今では毎日の新婚生活を幸せに過ごしています。

kk50

しかしそれまでの道のりは険しく、アラサーの当時もアラフォーを迎えようとしていた数年前の頃も、良い出会いに中々巡り会えず、定期的に婚活パーティーに参加していました。

私は、高校三年生の頃に生まれて初めて彼女ができました。
当時17歳だった私ですが、それから8年が経ち25歳になって間もない頃に彼女の方から振られてしまい、それからは今の妻と出会い交際がスタートするまでの13年間、一人も恋人ができずに独り身での生活を送っていました。

私がアラサーだった頃は、まだ今ほど婚活パーティーのようなものが一般的にはなっていなかったので開催数も少なければ周囲の目に対する後ろめたさみたいなものもありました。 それでも、インターネットなどの出会い系ほど偏見の目で見られることは無かったのですが、職場は勿論のこと、友人などにも羞恥心から婚活パーティーに参加していることは言えませんでした。

それでもこっそりと年に1~2度のペースで参加し、時には連絡先を交換しデートをする関係にまで発展することもあれば、時には一人の女性とも親しくなれずその会は不発に終わることもしばしば。

そしてデートをするまでの関係性に至った女性とも交際までには届かずに、告白して振られることもあれば、ある日を境に連絡が取れなくなり自然と消滅するなんてことも多々ありました。

街コンとのちょっとした違い

そして時は流れ、気が付けば私もアラフォーに差し掛かっていた時に、今の妻と運命の出会いを果たしたのでした。

その時には婚活パーティーというものも世間でだいぶ認知されていて、偏見の目なども殆ど無くなっており、誰もが堂々と参加し異性との出会いを求めることが出来るようになりました。

思えば初めて婚活パーティーに参加してから10年以上が経っていましたが、その間に結婚はおろか交際に至る女性にすら出会えずに心が折れ、時には生涯独身を覚悟した日もありましたが婚活パーティーで今の妻と出会えたので、その時に諦めずに参加を続けてきて良かったと今では心から強く思っています。

若い方だけではなく、むしろアラサーやアラフォーの方々こそが幸せを掴む為のイベント「婚活パーティー」

誰でもはじめは多少の抵抗感があるとは思います。私もそうでした。しかし、参加することによって数々の経験や運命の出会いを得られた際の幸福はひとしおですので、出会いを求めつつも出会いの無い生活を送っているなんて方は一度参加してみるのも良いと思います。

 - 参加者