婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

男性が知らない女性の特徴

      2017/02/27

婚活をスタートさせて以来、積極的に様々なイベントに参加していて、勿論、結婚相談所に入会していますし、地方で行われる婚活パーティーにも参加する活動を行っています。

kk63

パーティーも様々な種類や規模数で提案されているのも特徴で、好みで参加できることがメリットだと感じており、男女比が平等となる婚活パーティーを積極的に利用しています。というのも、立食などの飲食をしながらのパーティーでは男女の比率にバラつきがあり、女性が圧倒的に多く参加しているケースも見受けられるため、少ない人数の異性にアプローチする女性ばかりが目立ち、カップリング率に繋がらないマイナス要素も挙げることができるからです。

私は大体15名から20名で会話を楽しむ婚活パーティーに参加しており、結婚相談所でもアドバイスを受けたようにパーティーのシチュエーションに応じた服装を心掛けています。

開催時間帯はさまざま

パーティーでの男性の服装の特徴としては仕事帰りの方も多いことからカジュアルなスーツ姿やジャケットスタイルなど、堅苦しくないスタイルが多いと感じられます。逆に女性の服装にはバラつきがあり、清楚なワンピースをはじめ、カジュアルなパンツスタイル、さらには主役は私と言わんばかりのドレス着用の方もいらっしゃいます。

会場で受付を済ませるとプロフィールカードに名前や年齢、趣味やPRしたい事柄を記入するのですが、私は等身大の自分を見てもらいたいので背伸びすることないプロフィールを意識しています。

1対1で約10分話しをした後、フリータイムとなる婚活パーティーで、出会いは第一印象が最も大事で笑顔で挨拶することが異性に好印象を与えます。

女性の特徴としては頷きとなる聞き上手となる会話を楽しむ方が目立っていますが、私は口下手な男性も多いことから、プロフィール欄をチェックして職種について聞いてみたり、趣味について掘り下げて聞くことで男性の普段通りの会話や仕草を引き出すようにしています。

婚活パーティーの男女比、様子

婚活を友達作りや趣味友作りなど、遊び半分と考える女性は意外と多く、女子トイレでは男性の良し悪しをコソコソと話している光景を頻繁に見るほどです。

真剣に活動を行う方に対しては参加費がリーズナブルなパーティーよりも若干高めとなる参加費でのイベントをお勧めしたいです。年齢に制限がないため、女性は20代から40代と幅広い年代が目立ち、男性は30代後半から40代の年代が参加しているのも特徴で、若い男性はやはり結婚を意識している率が低い印象を受けることができます。

最後にはカップル発表が行われ、カップルとしてエスコートされた経験もありますが、その方とはお友達としてご縁を大切にさせてもらっています。

 - 女性