婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

女性の年齢について

      2017/02/27

私が婚活パーティーに参加したのは、34歳の半年間でした。

kk77

参加して感じたのは、男女とも参加者は皆真剣で、合コンとは全く違う雰囲気。
ふざけた感じや軽いノリの方は殆どいませんでした。
もちろん私も真面目にお付き合いがしたくて参加していましたが、年齢がネックになった事もありました。

結婚において、男性は幾つになっても年齢の障害は感じないかもしれませんが、女性には出産適齢期があります。
35歳以上で第一子を出産すれば高齢出産になり、年齢が上がるほど妊娠しにくかったり、出産のリスクが高まったりするのです。

結婚を前提とした婚活パーティーでは、子供を望む男性が圧倒的に多いと感じました。
遺伝子上では若さは重要な条件です。

彼との別れ話で別れることになって参加を決めた
そうなるとやはり若い女性を希望される男性も多く、積極的に入って行けない事もありました。
一時は少し落ち込んで悩みましたが、まず大切なのは縁だろうと気持ちを入れ替えて、それから様々なパーティーに参加するようにしました。
男女共に年齢制限の無いものや、バツ一の男性のみのもの、職業をかなりしぼったものなど、楽しいパーティーも多かったです。

そんな婚活パーティーに参加する中で、女性の友達もできました。
彼女の年齢は当時39歳。
一緒に参加する機会も増え、いろいろ教えてもらいました。
「焦りは顔に出さず、落ち着いた表情で常に口角を上げて、できるだけ優しい目で微笑む」とか、「目立とうとして奇抜な色やデザインの服は選ばない、好印象を与えるには白を基調に」などです。

そして一番心に染みたのは、「相手の条件や容姿ではなく、自分が病んだ時そばにいてほしい相手を選ぶ」という言葉でした。

二股を掛けられて騙された体験談

楽しい時だけでなく、ダメな自分になった時に支えてくれる相手こそ結婚相手に相応しい。
そう言っていた彼女は目まぐるしく40歳で結婚、妊娠、出産しました。

そもそも私が婚活パーティーに行くようになった一番の理由は、周囲から取り残された感を感じたからで、当初は恥ずかしくて殆ど誰にも言わず参加し始めた気がします。
でもいろんなパーティーに行ったおかげで、知らない世界をたくさん知ったり、素敵な人達に出会えたり、私にとってはとても有意義な事だったと思います。

心身共に自分磨きも頑張り、途中からは自分に自信も出てきて、母親にも参加している事を話しましたが、とても喜んでくれました。
そんな私も無事結婚し、高齢出産にはなりましたが男の子を産み、家族を持つ幸せを感じながら楽しく生活しています。

 - 女性