婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

時間の無駄かもしれない

      2017/03/03

友達に誘われて婚活パーティーに参加してみましたが、結論から言うと時間の無駄でした。

時間とお金を使って結果が出なければ意味がありません。

婚活パーティーは男性不足で定員まで人数が集まらない現状です

料金は男性よりは低料金ですが、有料です。合コンに参加するよりは安くてすみましたが、満足感はありませんでした。

kk111

婚活パーティーに行くとまず、プロフィールシートに自分のことを書かされ、ナンバープレートを渡されました。どこかナチュラル感なしのスタートでしたが、企画なのでまあしかたないかなと思いました。そしてプロフィールを交換しながら相手と簡単な自己紹介をするのですが、男女の出会いに文書を見ながら挨拶するのは、正直引きました。男と女の出会いには、相手の全体の雰囲気やその場に合った気の利いた自然に生まれる会話が大事だと思うのですが、プロフィールの紙を見ながら自己紹介するのは、ムードも何もありません

婚活パーティーの内容は、どこでもこんなことをするのでしょうか。

印象の良かった人を数名カードに書くですとか、とにかく不自然な行為は時間の無駄に思いました。

完全フリータイムは普通に会話が出来るので、そこは時間の無駄とは思いませんでしたが、話が出来たとしても、自分の理想のタイプの人がそもそも婚活パーティーに参加していなければ意味はないと感じました。やはり普通に友達との飲み会に参加するですとか、facebookで趣味の合う人との繋がりを通したほうが、自分に合った人とめぐり逢える気がします。

男性のレベルの高い婚活パーティーへの参加で

私の周りにはSNSを利用したコミュニケーションから始まって結婚するケースが多いので、ただ自分の年齢に合った年代の男性が集まるイベントに参加しても、そうそう良い相手は現れないのだなと思いました。

一緒に行った友達は結婚相手を年収や職業といった条件で選ぶことに全く抵抗のない人なので、それなりに楽しんでいる様子でしたが彼女を気に入ってくれる男性が、その日はいませんでした。婚活パーティーはショッパイ経験をすることにもなります。モテなければ自分に自信を無くす落とし穴もあるみたいです。

好感度が上がりそうな品のいい服を着て行ってみましたが、それは本当の自分の個性ではないし、かといって派手な服を着て相手にされないと自信を失ってしまうので、それもイヤでした。

統計によると結婚相手との出会いは、ほとんどが仕事中なのだそうです。大切な仕事に意欲をもって取り組んだり、アクティブに趣味をやっているほうがよっぽど結婚への近道だと感じました。

 - モテるコツ