婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

lineのやり取りの頻度

      2017/03/03

婚活パーティーに行ったとき、そこで出会った男性とlineのアドレスを交換することができましたが、それ以来はlineでメッセージのやり取りをする仲になったのは嬉しかったです。それまでも何度か婚活パーティーには参加していましたが、lineのアドレスを手に入れられたのは進展したと実感できたところです。

kk106

婚活パーティーに行ったきっかけは同じように婚活を考えていた友達がいたからですが、積極的になる大切さも参加しているうちにわかりやすくなってきた部分です。実際に会って話してみると印象のいい人だったのですが、連絡を取る手段もわかったおかげで相手との関係もより親しくなってくれたので素晴らしかったです。

lineでコミュニケーションを取る頻度は多くはなかったですが、一週間に一度は相手にこちらからメッセージを送ってみたりとアピールすることも忘れなかったです。段々と相手が返事をくれたりするほかにメールをくれる頻度も増えてきてくれたのですが、デートに誘ってくれたのはすごかったです。

女性無料の婚活パーティーについて、私が感じたこと

返事が来ないときもありましたが、友達に相談したりとあまり焦らずに返事が来るまで待っていたのも正しかったです。メッセージの内容も相手と同じ趣味があったので話題に困らなかったですが、基本的に長すぎない程度で打っていたわけです。

仕事はわりと夜まで残業だったりと忙しかったですが、相手とlineで交流できるのも日頃から前向きになれたことです。相手とプライベートで出かける頻度が多くなってくるとそこから恋人になるまで時間はかからなかったですが、結婚を前提としている交際をする際にも相手のほうからきちんと告白してくれたのはありがたかったです。

女性の年齢について

年齢的に結婚願望もあって婚活パーティーで出会いを求めたのもありましたが、性格もよく似た性分でお互いに仕事の話も含めて気があったのはプラスに働いてくれたものです。lineでは元々、たまに仲良しな友達とメールするためだけに利用していましたが、その男性との距離を縮める方法になってくれたのはちょうど良かったです。

何気ないメッセージの交換だけでも楽しかったですが、最終的にその男性と恋人になって結婚するまでは会えない間も相手の近況も把握させてもらえるのは悪くなかったです。返信する早さや頻度も気にせずにいると精神的な負担にもならなくなってきましたが、相手との付き合いもいい関係になってきてくれたのは好ましかったです。

 - モテるコツ