婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

婚活パーティーで記入するプロフィール例文

      2017/03/03

婚活パーティーとは、出会いの機会を求めて集まる男女の公開お見合いの場です。30歳を目前として、なかなか出会いのきっかけがなく以前に参加した事があります。

通常のお見合いとは違って、大勢の人と時間を区切って自己紹介やちょっとした会話を行うので、1対1で過ごす時間があまりありませんでした。大概は誰と何を喋ったのか忘れてしまうので、短い時間の中で自分の印象を残すには会話を弾ませて共通点を見つける事でした。

女性無料の婚活パーティーについて、私が感じたこと

誰もが初対面の人と会話をするのは緊張をしてぎこちなくなり、頭が真っ白になりがちです。しかし共通点があると安心して嬉しくなり好印象を持ちます。共通点を見つけるのに重要となるのがプロフィールでした。

kk115

プロフィールは最初に相手を知るキッカケとなる材料です。項目の例文として相手の名前や年齢、出身地、趣味、好きな事、好きな食べ物などがあり、話の種となる材料は多ければ多い程に会話が盛り上がります。しかしあまりにも長々書いてあると、読むだけで時間が過ぎてしまい会話をせずに終わってしまうので加減が必要です。

例文として趣味は映画観賞、楽器演奏、読書、料理など簡潔で分かりやすく記述すると良いです。自分は楽器演奏を趣味としていたので、婚活パーティーで出会った人のプロフィールに同じく楽器演奏を趣味としている人がいて、すごく興味を持ちました。

会話も「何の楽器をやっているのか」から始まり、緊張も解けてとても楽しい時間が過ごせました。もっと楽器の話がしたい相手の事が知りたいと思い、気に入った人と話せるフリータイムではその人と過ごしました。相手も同じように好印象を抱いてくれたようで最後のカップリングでは見事に両想いになり、婚活パーティーが終わった後も何度かデートに行くことができました。

スーツを女性らしいインナーと合わせて着て行った

逆に印象がマイナスだったのが、例文として「特になし」「寝ること」など話題の発展が見られないものです。正直に記載している事は良いとは思うのですが、印象に残らず何を話したら良いのか分からずに気まずい時間を過ごす事になってしまいました。

また字の書き方もその人の性格を読み取ってしまう材料となるので、なるべく丁寧に綺麗に書いてある方が読みやすくて良いと思います。読みにくい字ですと、性格までだらしない印象を与えてしまうのです。それほど婚活パーティーでのプロフィールは、その人の顔とも言える程に重要な物なので、書く言葉は選ぶべきだと思います。

 - プロフィール