婚活パーティーでモテる方法

服装やプロフィールの書き方・会話やメール、デートのコツ

婚活パーティーやお見合いパーティーで第一印象を良く見せる方法や、会話のやり方、メールやデートでモテる方法を「婚活の達人」沢田が詳しくお教えします。

*

婚活パーティーを左右するプロフィールカードの記入内容

      2017/03/09

結婚したいと意識するようになり、支援事業所に入会し、数人の男性とデートを楽しむなどの真剣な結婚へ向けた異性探しに邁進しています。沢山の男性と出会うことが婚活では重要なので、私は婚活パーティーに参加するようにしています。

kk122

婚活パーティーでは身分証明を行い、参加費を払って受け付けを済ませるのが最初の流れで、パーティーでは自己紹介を踏まえた数分間のトークからのフリータイムとなり、その後カップリング発表となる内容が一般的ですが、中には飲食しながらのパーティーや趣味が同じである者同士が参加する娯楽を楽しむパーティーなど、様々なイベントが展開されています。

omiaiでの男性の本気度をはかるには

受付を終了した後にはスタッフの方からプロフィールカードなるものを渡されるのですが、内容は自己紹介となる自分自身について記入するカードになっています。プロフィールカードの書き方は1つ1つを意識することによって、婚活パーティーで異性に好印象を与えることができると体験談の多い私が言えるポイントの1つです。

短い時間で異性に名前や顔を覚えてもらえるのがプロフィールカードの特徴で、私は背伸びすることなくありのままの自分をさらけ出す内容にしています。イベントを開催する事業所によっても記入する内容に多少の違いはありますが、基本的には名前・年齢・職業・趣味・結婚観・相手への希望や要望・自己PRなどの項目内容です。

婚活パーティーは男性不足で定員まで人数が集まらない現状です

記入する項目は空欄を作らないことも大事で、実際に婚活パーティーでPR欄が空欄の男性がいた時に会話のスキル不足もありますが、話しが長く続かなかった経験があります。初めてパーティーに参加した際にはアンケート感覚で記入していたのですが、異性から見ると外見では分からない情報を知ることができるカードであることを同じような書き方をしていた異性から知ることとなりました。

私が最も大事にしているのが趣味の欄で、異性が共感してくれることもあって話しが盛り上がる率が高いからです。イベントビギナーな時には趣味にアロマやピラティスなど女性ならではの内容を記入していたのですが、男性ウケはイマイチで、実際に男性からピラティスって言葉を知らないと言われ、マイナスイメージを与えてしまいました。

確かに、女性目線で記入してしまうと男性からは理解されにくいのも特徴的だと感じることができ、共感や話のネタになる趣味を選んで記入するようにしています。私の場合には食べ歩きが趣味で、今はラーメン屋巡りを楽しんでいますなどの会話を弾ませる内容で記入していて、これまでのパーティーではどこのラーメンがオススメですか、今度誘ってなど、様々な良い反響があり、楽しみながら婚活パーティーに参加できています。

参加する男性の条件の重要性

 - プロフィール